現在、当館の実施する社会教育事業を除きすべての
施設はご利用できません。
2020年11月1日(日)以降の施設ご利用につきましては
予約を受け付けております。

施設提供につきまして予定期間に変更が御座いましたら
サイト内「重要なお知らせ」にてご案内いたします。

HOME > パブリックゾーン > 活動支援プログラム ボッチャ

パブリックゾーン

ボッチャ

人数

2-12名(各チーム最大6名)

用具

ボッチャ用具一式;ボッチヤボールセット(3)、スタンダードランプ(1)、リリーサー(1)

プレーの方法

1対1で行う個人戦、2対2で行うペア、3対3で行う団体戦があります。
いずれも1チーム6個のボール(赤または青)をジャックボール(白)に近づけるようになげます。
投げる順番は

  1. 赤チームの左端の人がジャックボール(白)を投げます。(2ゲーム目は青チームの左端の人が投げて、後は同じ要領。)
  2. 同じ人が赤ボールを投げます。
  3. 青チームの誰かが青ボールを投げます。
  4. これ以降はジャックボールに遠いほうのチームの誰かが投げます。
  5. 一方のチームの投げるボールがなくなれば、もう一方のチームが連続して投げます。

ジャックボールや他のボールに当たっても、そのまま続けます。
ジャックボールがコートの外に出たとき、ジャックボールはクロスの位置に戻ってきます。
得点は

  1. 双方のチームの最もジャックボールに近いボールを比較し、どちらが近いかを判定(赤)し、
  2. ジャックボールに遠かった方のチーム(青)のジャックボールに一番近いボールとジャックボールを結んだ線を半径とし、ジャックボールを中心とした円 を描き
  3. その円の中に何個赤ボールがあるかを数えます。その数が得点となります。
  4. 1.がまったく等距離のときのみ1対1となります。

個人戦とペア戦は4ゲーム、団体戦は6ゲーム行い合計得点を競います。
特別支援学級の生徒等でボールを投げられない人は、補助具を使うことができ、また介助を受けることもできます。
介助者はゲーム中コート内を見てはいけません。
当ゲームの実施を希望する際は、活動場所及び貸出備品の種類と数を別途予約の上、社会教育セクションにご連絡ください。

参考URL: http://www.japan-boccia.net/howto.html