HOME > パブリックゾーン

パブリックゾーン

パブリックゾーンマップ

このページの上へ戻る

エントランスホール

エントランスホール

このページの上へ戻る

キッズルーム

お連れになったお子様に楽しく時間を過ごしていただける施設。安全な遊具などをご用意しております。

キッズルーム

このページの上へ戻る

ワークルーム

活動支援室として打ち合わせ、コピー等ができます。

ワークルーム

このページの上へ戻る

ストア

営業時間:24時間
(21:00~7:00はフロントにて対応いたします)
よりここちよい時間を過ごしていただくため、日用品、飲料などを取り揃えております。

ストア

このページの上へ戻る

保健室

体調を悪くされたご利用者のために、保健室を設置しております。いつでも安心してご利用いただけます。

このページの上へ戻る

ユース・スクエア

ユース・スクエアのステージで団体活動の成果を発表してみませんか?
BumB東京スポーツ文化館の総合ロビーです。
活動発表の展示、ミニイベントや情報交換、仲間づくりの交流の場、お待ち合わせやちょっとしたミーティングなど、フリースペースとしてご利用いただけます。
ミニコンサートの開催できるステージもご用意いたしました。
発表の場を求めているグループを募集しています。

ユース・スクエア

発表の予約をした団体の特典!練習用控室を無料でご用意します。(空室のある場合)お気軽に、お問い合わせください。

お問い合わせ先
03-3521-7323
社会教育セクション
メールアドレス
bumb@partners1.co.jp

ユース・スクエア利用団体発表

大久保混声合唱団

大久保混声合唱団

5月26日(日)

1957年9月(昭和32年)労音楽典講座修了生による合唱団のメンバーが激減し、解散することとなった。その解散の日、辻正行先生と出会い、 「"仮称"大久保混声合唱団」として47年にわたり指導を受け活動を続ける。
これまで、2004年より辻志朗先生、2008年より田中豊輝先生から指導を受ける。2018年より指揮者として中村拓紀先生をお迎えし、70名近い団員と日々活動を続けている。20017年までに全日本合唱コンクール全国大会17回出場、12回金賞受賞(シード権利獲得5回)。
新作の発表にも意欲的に取り組み、委嘱初演作品は多数。

雲鷹丸合唱団

雲鷹丸合唱団

5月26日(日)

東京水産大学(現・東京海洋大学)音楽部OBの有志が集まって、2001年11月16日に創立されました。
団名に頂いている船、雲鷹丸は1909年(明治42年)に建造された総トン数444トンの鋼製の帆船で、学生の実習や海洋調査などに多大な貢献をしました。
現在は品川キャンパスの敷地内に設置・保存されていて、モノレールや高速道路からも良く見え、海の大学・東京海洋大学を多くの人々の心に印象付けています。

スマイリズム

スマイリズム

4月27日(土)

米国のWilliams Syndrome Associa1onとの連携を図りながらスタートさせた、スマイリズムが主催する5回目のMUSIC CAMP。
国内外の情報を取り入れながら、毎年新しいチャレンジを組み入れながら、日本のWSを持つ子供達に寄り添うオリジナリティ溢れるプログラム。テーマは「自立・協調・チャレンジ」。
参加者が、はじめてのことや、壁であると思っていたことに自ら挑戦し、仲間と乗り越え、その喜びを皆で共有する過程を通じて「精神的な自立」「生活力の自立」 そして「社会での自立」を目指します。

【演目】

  1. TAP ダンス              YURIKO
  2. ドラム               YUTO
  3. チアダンス             KOU
  4. プリキュアダンス          MOMOE
  5. ジュンべ・アンサンブル「NUMUN」  SOTA

きらら弦楽合奏団

きらら弦楽合奏団

3月26日(火)

幼時から高校生までのヴァイオリンを学ぶ子供たちで構成された合奏団です。一人では味わえない音の重なり合う感動、皆で1つの音楽を作り上げることで出られる喜びと達成感、そして幅広い年齢層の仲間との関わり合いから、"豊かな心"、"生きる力"を育んでほしいと元NHK交響楽団、窪田茂夫夫妻が1998年に結成しました。定期練習は目黒区でおこなっており、日々の練習と共に社会活動の一環として地域のイベントや施設のコンサートも行っております。

【曲目】

  1. マルコフ作曲ぞう
  2. きらきら星変奏曲
  3. こぎつね
  4. むすんでひらいて
  5. カノン
  6. 線路は続くよどこまでも
  7. 日本の四季メドレー
  8. ジブリメドレー
  9. ペールギュント組曲
  10. ジブリメドレー
  11. リベルタンゴ

カローリング交流会

カローリング交流会

3月3日(日)

15周年お客様感謝デーにて実施されました。氷上スポーツであるカーリングを気軽に屋内で楽しめるようにしたものがカローリング。ジェットローラーを使用することにより、本格的なカーリングを疑似体験できる。カーリングの知名度向上もあり、ほぼ途絶えることなく参加希望者がおとずれた。一見簡単そうにみえるが、実際ローラーを操作すると、力加減の微調整特にローラーの滑りすぎを抑えることが必要なために、なかなか高得点を挙げるのが難しかった。何度か繰り返して挑戦し、投げる力加減がうまくなり比較的高い得点を挙げる参加者もいた。

ボッチャ交流会

ボッチャ交流会

3月3日(日)

15周年お客様感謝デーにて実施されました。パラリンピックの新種目であり、平成31年度から活動支援プログラムに加えるニュースポーツであるボッチャの体験。 まだまだ知名度の低いスポーツだが、実際参加された方は大人も子供も一緒になって楽しんでいた。簡単なルールであるが、年齢や性別に関係なく競技できるところが良いのか、方向を定め力加減を微妙にコントロールしながら徐々に上達していき、一つのグループが繰り返しゲームも楽しんでいた。

みんなで歌って踊れる交流会

みんなで歌って踊れる交流会

3月3日(日)

15周年お客様感謝デーにて実施されました。キッザニア軽音楽部は、豊洲ららぽーと内にある職業体験型娯楽施設キッザニアに働く若手スタッフ5名からなるアマチュアバンドである。メンバーは、ギター、ドラムス、ベース、フルートの楽器構成からなり、一般になじみがあって親しみやすいポピュラーな曲を得意としている。年2回の合宿を行い、適宜ボランティアで要請にこたえて演奏を披露している。今回もUSAなどの広く人気のある曲も含め演奏し、メンバーの振り付け指導もあって、参加者も演奏とダンスの両方を楽しんでいた。

【曲目】

 U.S.A他

みんなで宇宙船を作ろう

みんなで宇宙船を作ろう

3月3日(日)

15周年お客様感謝デーにて実施されました。 社会で活躍しているアーティストやデザイナーが楽しさを伝えながら、みんなで宇宙船を作ることで、幼児の造形体験や小学生の図工体験などを実施した。図画工作が好きな子も好きではない子もごちゃまぜになって図画工作というカテゴリーを大きく飛び出して、子ども達の心の中に何かが残ることを期待して、子どもたちの興味・好奇心をくすぐりました。

2018年

オカリナ クリスマス・ミニコンサート

オカリナ クリスマス・ミニコンサート

12月16日(日)

個人で練習してきたオカリナを発表する機会を増やしたいと昨年に引き続き、クリスマス・ミニコンサートを実施するに至った。森谷さんは普段、老人ホームなどでオカリナ演奏を披露しており、今回はクリスマスの曲を中心にBumBの来館者の方々の前で演奏した。館内には赤ちゃんや幼児を連れた親子が多数おり、席に着かずとも遠巻きにオカリナの音色を聞いている方が見受けられた。ユース・スクエア全体に、昼下がりのリラックスしたムードの中、オカリナの柔らかい音色にぴったりな楽曲でクリスマス気分に浸ることのできた楽しいコンサートだった。

【曲目】

  1. ホワイトクリスマス
  2. 雪の降る街を
  3. ペチカ
  4. 冬の星座
  5. 星に願いを
  6. 赤鼻のトナカイ
  7. グノーのアベマリア
  8. 主よ人の望みの喜びよ
  9. クリスマスソングメドレー

また来てうらめしや ~体験紙芝居~

また来てうらめしや ~体験紙芝居~

12月22日(土)

東京藝術大学卒の2人組小久江峻、山口晃太朗によるユニット。油彩画による絵や、伝統のお囃子による音楽活動を生かし音楽紙芝居やアニメーション制作、公園などの活動を行う。今回BumBにて「おおきなおおきな実」、「今日のむこうに何がある」の創作紙芝居を披露した。エンディングは子供たちが考える仕組みになっており、子供たちの個性や考えがお囃子に合わせながら披露された。大人とは違う子供たちの世界観があり、それぞれのエンディングは喝采を持って迎えられた。

ピースフールズ
ミニコンサート

ピースフールズ ミニコンサート

10月10日(日)

世の中は凸凹しているのが当たり前だが、世間では均一な形の人間像が評価されがち。様々な個性や能力を持ち合わせながら、それを発揮できないでいる人々が存在するはずだ。有名なスティーブ・ジョブズも世の中からはズレていたようだ。このような考えを基に集まった人々がお互いに刺激しあい、または社会ニーズに適合するアイデアを具現できるように切磋琢磨しながらお互いに刺激しあう事を目的とした集団だ。その中での一つのタレントとして音楽や漫才を行うグループ。

【曲目】

  1. 世界の真ん中
  2. 仮面の男
  3. 生きる

江東区塩浜福祉園EXHIBITION
恐れずに、迷わず堂々と自分の絵を描きました

江東区塩浜福祉園EXHIBITION

10月10日(日)展覧会期間(10月10日~11月6日)

塩浜福祉美術陶芸講座では、粘土による造形と水彩絵具を用いた絵画を平行して制作しています。これは柔らかな粘土による立体表現の触覚的な刺激と、鮮やかな水彩絵具の好みによる平面表現の視覚的な刺激、その両方を大切にするためです。今回のBumBでの絵画展示は江東区内で展示することで多くの方の目に触れ、場の雰囲気を明るくするような役割を担うことが出来れば、それは絵画の制作者(障害者)一人一人の特性や感性を生かした社会参加につながります

東京ガラチョス

東京ガラチョス

9月24日(月)

東京工業大学OB中心に結成された社会人ビッグ・バンド。結成から25年以上を経過しており、50代後半から20代まで幅広い年齢のメンバーで構成されている。スウイングだけでなく、ラテン、ポップス、ボーカルまで多彩なジャンルを演奏する生バンド。 都内のライブハウスでも生演奏を披露しており、そのクオリティはプロそのものだ。

【曲目】

  1. SOON
  2. ALMOST LIKE BEING IN LOVE
  3. A FOGGY DAY
  4. SOBAR DE CUBA
  5. GUANTANAMERA

また来てうらめしや ~体験紙芝居~

また来てうらめしや

8月26日(日)

物語を紙芝居形式で、絵画、お囃子、語りでの公演。今回は助成金で作成した新たな紙芝居額、紙芝居、楽曲のユーススクエアでお披露目だった。絵画と邦楽の才能をコラボさせて他にはないユニークなパフォーマンス。和楽器を駆使することにより、その独特な音色と抽象性の高い絵画でくり広げられる世界は小さな子供の想像力を掻き立てていたようだ。子どもたちがお話の続きを考えるワークショップだったがびっくりするような楽しいエンディングがあり、素晴らしく楽しい事業だった。この団体は平成30年度チャレンジ・アシスト・プログラム助成グループ。

歩の会書展 ~想い線をこめて~

歩の会書展 ~想い線をこめて~

7月28日(土)~8月12日(日)

利用団体で昨年から合宿している。今年は8月3日~5日まで合宿利用する。同時期に上野の東京都美術館で展覧会を開催中。今回の展示は各地から合宿に集まる団員の発表の場として利用。講師から生徒までの書作品全15点を展示。繁忙期となる夏休みの期間にぴったりの美しい書作品展となった。展覧会の期間中は来館者に筆で書く墨の 字の素晴らしさを新たに見直してもらう機会を提供することができた。

Ka Welina O Ke Aloha カヴェリナ オケアロハ

Ka Welina O Ke Aloha カヴェリナ オケアロハ

7月29日(日)

"Poehere"Naoko主宰のフラ&オリタヒチスクール Ka Welina O Ke Aloha/Vaitiare Tahiti
20代よりフラ、オリタヒチを学び2008年に恵比寿に自身のスクールを開校。 フラはオアフ島カネオヘのトラディショナルスタイルのクムフラに師事し、 自身もハーラウに所属、芸術と文化としてのフラを日々学び続けている。 オリタヒチは世界的に有名なローズ・ペレイラの元、伝統的かつ革新的なタヒチアンダンスを学ぶ。 スクールは4歳から70代、また男性ダンサーまでが所属し、楽しみながら学んでいる。 特にケイキ(幼稚園~小学生)の指導には定評があり、イベント、ショーはもとよりコンペティション参加まで個々の個性に合わせ育成している。 また、プロダンサーとしても各種ショーやミュージシャンとのコラボレーション等幅広く活躍する。 近年はスクールとして精力的にコンペティションに出場、優勝も含め好成績をおさめる。

【曲目】

 ハワイアンソングメドレー

SPUNKY ★ FED'S
リズムダンス

SPUNKY ★ FED'S リズムダンス

7月29日(日)

品川で活動するヒップホップダンスチーム。練習は主に品川区内の施設を借りて週2-3巻練習しています。メンバーは小学4年生から中学3年生により構成されており、楽しく元気良くをモットーにしています。時にはチーム内でもオーディションを行い、日々の練習に取り組んでおります。また、チームにも一体感が生まれるように上級生が下級生に教えるようにしています。地域のイベントを中心に数回のコンテストにも挑戦しています。これからも、地域と交流しながら、ダンスの技術向上を目指して頑張ります。応援よろしくお願いします。

【曲目】

  1. Tick Tok
  2. Bounce
  3. Kick Drum
  4. I win

すみだ少年少女合唱団 韓国少年少女合唱団交流コンサート
@ BumBユース・スクエア

すみだ少年少女合唱団 韓国少年少女合唱団交流コンサート@ BumBユース・スクエア

7月22日(日)

すみだ少年少女合唱団と韓国少年少女合唱団による合唱交流会。構成は3部に分かれていて、1部はすみだ少年少女合唱団による合唱、2部は韓国少年少女合唱団による合唱、3部は大人の韓国の合唱団の合唱と合同の合唱。内訳(すみだ:70名、韓国:60名、韓国大人:17名)どの合唱団も身振り手振りをつけ、歌にあった振付を披露し公演した。BumBのユース・スクエアではいままでにない大規模なコンサートになり、観客もたいそう盛り上がり拍手と声援が続き、熱気を帯びたコンサートになった。

【曲目】

第一部
すみだ少年少女合唱団 指揮:甲田 潤 ピアノ:野田 晶子

  1. 「花」
    作詩 武島羽衣  作曲 瀧 廉太郎
  2. 「怪獣のバラード」
    作詩 岡田 冨美子  作曲 東海林 修
  3. 「となりのトトロ」
    作詩 宮崎 駿  作曲 久石 譲
  4. 「PRIDE」
    作詩・作曲 若松 歓
  5. レ・ミゼラブル「民衆の歌」
    訳詞 岩谷 時子
    作曲 クロード・ミッシェル・シェーンベルク

第二部
BEAN SPROUTS CHOIR  (韓国子ども合唱団)
サウンド・オブ・ミュージックより

  1. 「私のお気に入り」
  2. 「エーデルワイス」
  3. 「ドレミの歌」
  4. 「ダニーボーイ」他

第三部
MBG CHOIR  (韓国大人合唱団)

  1. 景福宮の物語
  2. 合同演奏
  3. 「故郷の春」
  4. 「故郷」
    作詩 高野 辰之  作曲 岡野 貞一

ロビーとして

緑の中庭に面した明るいロビーです。休憩や団らんにご利用下さい。
中庭のご利用もどうぞ。
スポーツ雑誌、絵本や児童書を用意しております。

情報交換や交流に

「情報交換コーナー」に、グループの活動などの情報を掲出できます。他のグループとの情報交換や交流にご活用下さい。

  • 掲出情報―活動・イベントなどの紹介、参加勧誘、交流募集など
  • 掲出方法―パネルに掲示、チラシ・パンフレットなどの設置、紹介ビデオなど

自主的活動の場として

活動の成果を発表することができます。

  • 発表方法―パネルやピクチャーレールでの展示、ミニコンサートなどの演奏会、ミニイベントなど

活動支援プログラム

特別支援学校などのBumBご利用団体を主な対象に、レクリエーションのプログラムを用意しています。1時間程度のプログラムなので、宿泊体験や遠足でBumBをご利用の際の、ちょっとした時間の合間等に、是非ご利用下さい。
問合せ TEL:03-3521-7323

  1. 予め、研修室、会場をホテルのフロントでご予約ください。℡:03-3521-7321
  2. 実施時間は、30分~1時間程度を予定しています。
  3. プログラムの実施については、参加者の方にもお手伝いしていただきます。

利用案内

利用時間

年中無休 10:00~17:00 (資料閲覧やロビー等の利用は6:00~23:00)

利用方法

  • ロビー機能
    休憩・ミーティングや会議・交流・情報収集・情報交換・交流の場として開放しています。
    中庭は、自由に着座、利用できます。
  • 情報提供・情報交換・交流機能
    ユース・スクエアに設置してあるパソコン・各種パンフレット・掲示等により、自由に情報収集できます。
    利用者団体等の活動紹介、活動発表。
    参加者・メンバー募集、指導者情報、交流希望等。
    周辺の施設・イベント情報 「ユース・スクエア係」が相談に応じます。

このページの上へ戻る

エントランスホール ホール フロント ユース・スクエア 保健室 キッズルーム ワークルーム ボランティアルーム レストラン ストア